昭和は遠くなりにけり
いつもの参歩同道にある石日碑。先の大戦で皇国に
殉じた息子を讃へて親が建てたという。
この重い事実を決して遠い過去の話にしてはいけない。

撮影:島田康久