お問い合せHOME
公益社団法人 武蔵村山市シルバー人材センター

こんな事業・活動も行っております

講習会等

ミニ・デイサービス『悠遊』

ミニ・デイサービス『悠遊』(高齢者生きがい通所事業)の目的は、介護保険の適用外で、武蔵村山市内の家にとじこもりがちな高齢者の方に、『悠遊』をご利用頂くことにより、心身ともにお元気になって頂き、日常生活の健康維持・向上に努めるものです。

●『悠遊』の概要

通所される方々が楽しみながら、ゲームや歌やお花見等のイベントに参加することにより、自然に身体を動かし、 皆で歌ったりまた会話をはずませたりして、ご家族以外の方々との交流により、心身ともに積極的な生活をとりもどして頂くような内容とします。
このため、センター会員のボランティア協力によるギター演奏や、趣味の手工芸製作、 また、懐かしい映画をビデオで鑑賞したり、ひな祭り会やクリスマス会等の季節感を取り入れた各行事も致します。
外出事業も、その時期に応じた花見、梨狩り等季節を感じて頂くものや、多摩地区の観光や買い物、 話題の施設見学、ファーストフードでの外食等、積極的に外の社会に触れるよう、実施しています。
いずれも、「個人の意向・尊厳を尊重する」ことを基本としておりますので、ご本人が望まないことは、決して無理強いはいたしません。

ただし、ご自分で出来ることはなるべくして頂くということも、お元気になる上で大事なことですから、 一つでも多くのことが出来る様になって頂ければと思います。


スタッフ

七夕祭り

クリスマス会

●『悠遊』をご利用になれる方

介護保険の認定において、自立と判断された在宅の65歳以上の高齢者世帯の方、 又は地域支援事業実施要綱に定める特定高齢者等として選定された方で、自宅にとじこもりがちな次のような方です。

  1. 自立歩行ができ、食事、着替え、用便が時間をかけても自分でできる方
  2. 『悠遊』で対応できない疾病や、運営上支障がある症状がないこと
  3. 『悠遊』の利用により現状維持、または現状より好転すると思われる方
  4. 自発的な社会参加が困難な方(例:福祉会館や老人福祉館等の利用が困難等)
  5. 『悠遊』の利用条件に、本人及びご家族が同意した方

ただし、武蔵村山市役所への申請手続きと、利用判定が必要となります。

申請先
武蔵村山市健康福祉部 高齢福祉課
(市民総合センター 1階)
電話番号 042−590−1233

●『悠遊』ご利用の条件

  1. 負担金 1日1,000円をご用意下さい。(利用日当日持参し、当日精算)
    【内 訳】
    利用料:200円(武蔵村山市へ納付)※減免等の制度あり
    昼食代:約450円(業者に実費支払)
    おやつ等:350円以内(当日精算:実績50〜60円前後です。)
    ※その他、手工芸品等消耗品以外の材料費で、個人の所有となるものをご本人のご希望により求めた場合は、その都度実費をご負担願います。
    (実績例:切り絵に使用するうちわ100円、額300円)
  2. ご本人の心身の変化によるご利用の中止等については、主管課と慎重に検討させて頂きますが、その結果ご辞退を求めた場合は、よろしくご承諾下さい。
  3. ご利用中の方が事故に遭われた場合の賠償は、ミニ・デイサービス事業で適用される保険の範囲での補償とさせて頂きます。
    適用保険:傷害保険、自動車保険、施設賠償責任保険

●『悠遊』のご利用日等

開所日 原 則 月曜日・水曜日・金曜日(年末年始は除きます。)
定員数 1日8人まで
利用日 原則として1週間につき定めた曜日の日、1日とします。
時間帯 午前10時から午後3時まで
通 所 ご希望の方は、専用自動車で無料送迎を致します。
送迎時は、自動車から携帯電話で連絡をとりながら行いますので、悪天候でも外で待つことはありません。 また、送迎の予定時刻については、利用日にお渡しする「連絡票」により、次回の時刻をご連絡致します。

●ご用意頂くもの

  1. 上履き  簡単に脱着できる運動靴のようなもの(転倒事故防止上)
  2. お 箸  昼食時に使用(忘れた場合は、割り箸をご用意してあります。)
  3. その他  必要に応じて、事前に連絡票によりお知らせします。

●ご家庭との連絡

連絡票 利用日の帰宅の際にお一人づつ、次の内容が記された連絡票をお渡し致します。
  1. 健康管理:体温・脈拍・血圧
  2. 現金精算:持参金1,000円―費用明細(利用料・昼食代・おやつ・その他の費用)=おつりの額
  3. 当日実施したカリキュラム内容
  4. 次回の自動車お迎え予定時刻
  5. 次回の連絡事項(随時)及びご家族への連絡事項(随時)
緊急連絡

『悠遊』直通の電話をご用意してありますので、欠席や緊急のご連絡は次の番号にお掛け下さい。

042−566−7233 『悠遊』デイルーム直通
※ 開所日の8時30分から午後4時30分までの間

●『悠遊(ゆうゆう)』の名称について

悠の字は、はるか、どこまでも切れ目なく、永く続くという意味を持ち

遊の字は、決まった処にとどまらない、よそに出る、気楽に楽しむ、行ったり来たりして付き合う、余裕といった意味があります。

当シルバー人材センターが行うミニ・デイサービスは、利用者の方々がよりお元気に永く楽しい生活を過ごされる様、 医学療法とは別に、楽しみながらも多くのことに興味を持って頂き、 また、『悠遊』というひとつの社会で「個人が人生の主役である」ことを思い起こして頂けるよう、 自発的な参加の機会をつうじて、ゆっくりと生活感に広がりを育てながら、 心身の健康づくりをして頂こうという思いを託して名付けたものです。

©2010 公益社団法人 武蔵村山市シルバー人材センター.All Rights Reserved.